地震を予想できるサービスに登録しておこう

被害を軽減するために

日本列島

統計的にな推定手法を利用

地震による被害を軽減するために、耐震性の高い建物を作る技術は進歩しており大地震に耐えられるようなレベルになりました。ところが近年、想定外の大地震の発生があり、大きな被害が出ています。耐震性強化だけでは被害をすくなくするには限界があり、近いうちに南海トラフ大地震が起きると言われていることを受け、予知情報に対する期待が上がっています。 近年、GPSによる衛星測位システムを利用した活断層の観察情報により、その動きの大きさや速度等のデータをパラメータとして用いて、確率を用いて地震発生を予測する手法が注目されています。米国のカリフォルニア州の活断層の観察情報において、地震発生について確率予測がなされており、その確率を用いて危険度マップが作成されています。日本でも、地震発生確率を計算する際に以前から利用されてきており、データの積み重ねから、確率推定において様々なモデルが検討されており、より精度が高い予測が可能となってきています。GPSによる位置測定は、誤差 1cm 単位までの高精度測定が可能で、完全にリアルタイムでモニタリングできるシステムも開発されており、短い時間間隔で高精度な測定が可能となっています。 現時点では、地震発生日時まで予測する科学的な技術の確立は困難です。しかし、確率の推定手法の進歩と、地殻変動のリアルタイムモニタリングにより、地震予測情報が高い精度で可能となり危機管理に大きく貢献する時代が近いことが予想されます。